ウィンドウズセブンのエディションその3

64ビットシステムを使うようなことで大容量メモリが、実際、使えるようになります。

32ビットでは、システム全体においてきちんと使用できる物理メモリが最大で4GBです。

もし、4GB以上の量を搭載したとしても、あるいは、CPUシステムが認識できる容量は4GBとなってしまいます。

更に、実際のところに関しては、I/Oデバイスが予約しているメモリ領域がある感じのため、ここが使用できませんから、実質、3GBぐらいしか使えません。

アプリケーションでも使用できるようなもので2GBが上限といわれています

では、64ビットシステムのケースはどうでしょうか?
システム全体で使用できるメモリは大きくなります。

巨大と言ってもよいでしょう。

「Windowsビスタ」では、エディションごとに、実際、制限があります。

ですから、使えるメモリに関してはHomeBasicでしたら8GBです。

HomePremiumでしたら、実際、16GBです。

そしてBusiness、Ultimateでしたら、だいたい128GB以上となる訳です。


ウィンドウズセブンの64ビット、そして同じく32ビット、どちらのオペレーションシステムを入れたらよいかと迷う人もいるみたいです。

64ビットのほうが、だいたい性能において1割から2割り高いという感じのデータもあります。

PhenomllとCore2Quadですと、実際にPhenomllの方が、64ビットを使ったケース伸び率が高いようです。

パソコンに4GB以上のメモリをきちんと搭載したいのなら、ウィンドウズセブンの64ビットを使ったほうがよいでしょう。
[PR]
by erinaq | 2010-03-19 16:35
←menuへ