ウィンドウズセブンのエディションその2

「ウィンドウズセブン」と「WindowsServer2008R2」とは、だいたい同じソースコードから作られています。

この「ソースコード」とは何のようなことだか、実際、おわかりになるでしょうか?

例としては、プログラミングの言語を使って、コンピューターに作業をさせたり、あるいは、動かしたりする指示を書くようなことを「プログラミング」といいます。

また、書かれた指示を実際に羅列したのが「ソースコード」なんです。

ソースコードは機械語と比べると、人間が読み書きしやすいようにだいたい書かれています。

では、ウィンドウズセブンの商品出荷時の状況は、実際、どうでしょうか?
バージョン5.0の「Windows2000」のマイナーアップデートである感じのバージョン5.1の「WindowsXP」と似ています。

ウィンドウズセブンも「Windowsビスタ」とだいたい同じく個人向けバージョンと、法人向けバージョンに関しての両方がリリースされました。

そして、リテールパッケージ版では、実際に32と64ビットの両方のバージョンが、きちんと同梱で出荷されています。

この32ビット、64ビット、これは、一体、どういった感じの違いがあるのでしょうか?
「Windows98」も32ビットでもありますし、「WindowsMe」、そして「Windows2000」、あるいは、また「WindowsXP」も32ビットシステムになっています。

XPでは64ビット版に関してもあります。

ですがさほど使用されていないようです。

ビスタにも32と64ビット版、実際に両方があります。

ですが、おおよそのものは32ビット版です。
[PR]
by erinaq | 2010-03-19 16:34
←menuへ